ビルB

3棟のローライズ・ビルの1つであるビルBは、髙田浩一の設計によるもので、隈研吾のヴィジョンに呼応した概念に基づくラグジュアリーアパートメントが54戸あります。


自然との融合は、敬愛すべき日本建築の支柱を成します-ビルBでは、自然が重要な役割を果たします。


建物、自然、人の、相互のつながりを育むという概念のもと、層状にデザインされたファサードには植物や緑地がふんだんに盛り込まれています。結果、簡素さとミニマリズムを前面に打ち出すビルが誕生しました。

“私は、常に自然に魅了されてきました。これは、敬愛すべき日本のデザインの支柱を成すものです-私は、これを、私自身のバランス、そして、私のデザインのバランスを見出すために活用します”
髙田浩一

登録


以下のフォームにご入力ください。折り返しご連絡をさせて頂きます。